ボーナス査定ってどうなってるの?ボーナスが支給された!元査定者が送る、驚愕のボーナスの決め方暴露します!

スポンサーリンク
時事ネタ

こんにちは、nobu2394.comです。

スポンサーリンク

ボーナスが支給されました!

先日会社よりボーナスが支給されました。額は公開しませんが、なぜか金額が上がっていました。。。それも一つ年をとっただけでは説明できないぐらいの金額です。これはもう評価が一段階上がったとしか説明が出来ません。

 

このブログを普段から読んでいただいている方は、ひょっとしたら知ってくれているかも知れませんが、私はちょうどこのブログを始めた2018年の1月より、会社での部署を異動しました。

 

異動した理由は前の部署での業務があまりにも激務だったことと、その時の直属上司との関係も最悪で、私が精神的に追いつめられていったからです。

 

その時の詳細は以下記事に書いています。↓

 

 

上記記事でもふれていますが、部署を異動してからというもの、私の生活は激変します。あ、いい意味での激変です。

 

私の今の会社での役職は、いわゆる管理職ですので、残業という概念がありません。つまり、夜の22時まで仕事をしようが、逆に17時に帰ろうが、給料は変わりません。

 

コレがいわゆる非管理職(我々の世界では組合員という。)だと、残業代がつくかつかないかで、下手をすると月に10万円~15万円ぐらいの収入差になってしまいます。年収で表すと120~180万円の差です!!これは無視できない差です。

 

私は運良くアメリカ出向時代にこの非管理職から管理職への昇格を果たしていましたので、そこはラッキーというか、当時私を昇格させてくれた上司たちに感謝するのみです。

 

長々と書いてしまいましたが、つまるところ私の2018年1月からの生活は、以前のものと比べ、びっくりするぐらい楽になったんです。

 

さすがに定時の17時に帰るわけではありませんが、18時から19時の間には殆ど退社出来ますし、残業という概念はありませんが、仮に残業換算すると以前の3分の1ぐらいの残業量になっています。

 

なのに、月々に頂けるお給料は同じです。。。

 

 

そして今回いただいたボーナスです。

最初に少しふれましたが、明らかに増えています!これは、ボーナスの査定を決める仕組みにからくりがあります。

 

私は以前マネージャーといういわゆる部下の査定もしていましたので、このあたりの生々しいルールにそれなりに精通しています。

 

と言うことで本日は、私の勤めている会社のボーナスの決め方について、私が知っている事を暴露してみたいと思います!

 

題して、

ボーナス査定ってどうなってるの?査定者が赤裸々に語ります!

をお送りします。

 

どうぞ最後までお付き合い下さい!

 

弊社のボーナスは相対評価、しかも部署ごと

要は、例えばボーナスを決める評価が上から順にS、A、B、C、Dとあったとして、Sは全体の5%以内、Bは50%以上、など、割合が決められているんです。

 

これはつまり、10人の部署がいたとして(実際はもっと多いですが)、めちゃめちゃ優秀な2人がいたとしても、どちらか一人しかS評価はもらえないという事です。

 

そしてこれが最も重要な部分なんですが、この割付は、部署ごとに割り付けられる。と言うことなんです。

 

何が言いたいかというと、私が以前所属していた部署は社内でも指折りの高負荷職場で、いわゆる、花形部署です。当然、優秀な人間も多いです。

 

でも先ほど言ったボーナスの査定ルールがあるので、SやA高評価を与えられる人間は一握りです。

では、私の今の部署は??

感のいい方ならすでにお気づきかもしれませんが、私の今いる部署でも当然ボーナス査定ルールは同じです。

 

でも、こちらの部署は、若干様相が異なります。。。

 

一言で言えば、そこまで優秀な人間が多くないんです!

 

とんでもないことをさらっと言ってしまいましたが、大事なことだし、事実です。

 

このような状況の中でボーナスの査定が行われると何が起きるか?

 

もう簡単ですね?

 

私のような部署を異動したての人間でも、相対的に高評価を与えられる事がある。

 

と言うことなんです。

 

分かりやすく行ってしまえば、前の部署ではB評価が精一杯だったのに、今の部署ではA評価がいただけてしまった。

 

ってことなんです。

 

※このルールはあくまでも私が勤めている会社のルールであり、全ての会社が同じルールであると言っている訳ではありません。

 

個人的にはこのルールは会社を衰退させると思う。

もちろん、今回このルールのおかげで私は業務負荷が劇的に減ったのにも関わらず、年収がアップするという恩恵を受けた訳ですから、私個人としてこの査定ルールを批判するつもりはありません。

 

でも、経営者(生意気ですが、、)目線で見たとき、このルールはあまりにも不公平感が強いのではと思う訳です。

 

激務に激務を重ねて頑張っている私にとっては元部署の人間と、人間らしい生活をしている現部署の人間たちの給料が同じ。下手をすれば、後者の方がちょっと多めにもらえてしまう仕組み。。。

 

今回私は部署を異動したことで初めてこの驚愕の事実に気づいた訳ですが、この事実にみんなが気づいたら暴動が起きてしまうのではないかと心配になってしまいます。。。

 

と言うことで、本日は私の勤めている会社のボーナスの決め方について、赤裸々に綴ってみました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

関連記事です
更に生々しいボーナス査定の裏を暴露します!



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。

コメント

  1. kibunedb より:

    はじめまして、ウチも同じ感じです。
    言い方が悪くなりますが「仕事ができない人」が多い部署で普通に仕事ができれば査定評価が良くなりますw
    逆に「仕事ができる人」が多い部署ではその人達は横並びの査定評価になります。
    結果、前者の普通の人がたくさんボーナスをもらいますw
    なんかおかしいですよねぇ

タイトルとURLをコピーしました