【過去のチャート】スマホで長期の日足チャートを無料で見る方法!うねり取りには必須!

スポンサーリンク
投資手法
スポンサーリンク

こんにちは、nobu2394.comです。

 

いやー、やりましたね!!日本!!

 

最後はちょっとしょっぱい試合運びとなり、批判的な意見もあるようですが、結果的に決勝トーナメントに進むことが出来たのですから、良しとしましょう。

 

次の相手は、ベルギーだそうで、今回の優勝候補の一角とも言われているチームです。

 

まあ、ワールドカップの決勝トーナメントです。どこが相手でも日本より格上なのはある意味当たり前です。

 

挑戦者の気持ちで、のびのびやってほしいですね。

 

頑張れ!! 日本!!

さて、本日はチャートを見る。と言うことにフォーカスした記事になります。

 

以前の記事でも触れましたが、私は今、

 

うねり取り

 

という手法を勉強中です。まだ実際に取引を行う段階ではなく、まだまだ勉強中です。

 

具体的には本を買い、うねり取りについての知見を深めています。

その本の中で、繰り返し述べられていることとして、

 

日足チャートを出来るだけ長期間用意し、チャートを読む練習をいっぱい積みなさい。と言うことです。

 

出来れば30年分の日足チャートをすべてみよ!書いてありますが、今回の私の記事のテーマは、

スポンサーリンク

無料で、スマホで、10年分の日足チャートが見れる。

と定義しました。

 

正直、無料で、スマホで、日足チャートを見るというのは、どんなサイトでも可能です。

 

私のブログでもよく登場するヤフーファイナンスのチャートや、私のメイン証券であ、マネックスでも簡単に見ることができます。

 

f:id:nobu2394:20180630132422j:plain

 

こんな感じですね。

 

ただ、ここに10年という期間が加わると、一気にレアになってきます。

 

先ほどのヤフーやマネックスでも、一年以上の日足チャートを見ようとすると、どうしても週足になってしまいます。

 

マネックス証券の場合、PCであれば、マネックストレーダーというもので過去10年分以上の日足チャートを確認する事が出来るようですが、残念ながら私のスマホでは、見ることが出来ませんでした。

 

と言うことで、10年分の日足チャートをスマホで無料というのは無理なのかと思いきや、私なりに探して見ました。

 

しかし、残念ながら条件にあったものを見つけることは出来ませんでした。

ただし、10年ではなく6年という年数であれば見つけることが出来ました。

それが、

日経スマートチャート です。

URLは以下になります。

 

日本経済新聞 | スマートチャート
 日本経済新聞電子版の総合投資・金融情報コーナー。株式・為替から債券、商品、新興国市場など国内外の最新マーケット情報はもちろん、第一線の記者による分析・解説記事を豊富に提供します。企業の最新ニュースや詳細な株価・財務データを提供するオンライン版の「日経会社情報」、チャートや銘柄管理ツールなどの便利な機能も充実しています...

 

サイトはこんな感じです。↓

 

f:id:nobu2394:20180630145913j:plain

 

この画面の右上の方にある、開始・終了日設定を押して、期間を指定すれば今日を終点にして6年前までの日足チャートを確認出来ます。

 

もちろん、表示期間や他の週足、月足などの確認も可能ですが、それを見る場合は他のチャートサイトでも十分ですので、

 

やはりこの日経スマートチャートの売りは、

過去6年分の日足チャートが、スマホで、無料で見れる。

ということになるでしょう。

 

これで、じっくりと通勤時間などを利用してチャートの勉強が可能となりました。

 

読者のみなさまで、もしもっと長期間の日足チャートが、スマホでしかも無料で見れる方法を知ってるよ!

 

という方は、是非教えていただきたいです。

 

と言うことで、本日は長期の日足チャートをスマホで見る方法についてお伝えしました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

うねり取りの手法をもっと詳しく知りたいという方は、こちらの書籍をご覧ください。↓

配当の投資をしてみたい方は、こちらの書籍がおすすめです。

証券会社の口座開設はこちら!↓
マネックス証券
私が使っている証券会社です。

 

楽天証券
こちらも人気ですね!

 

SBI証券で 口座開設
これも定番 妻の口座はここにあります。



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログへ
↑ぽちっとしていただくと嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました